結婚(ウェディング)前に妊娠したカップルの割合

2010年の統計では、結婚(ウェディング)前に妊娠したカップルの割合はなんと25%越えだそうです。授かり婚やおめでた婚と言った呼び方も増え、最近では歓迎モードのできちゃった結婚ですが、結婚(ウェディング)前提でのお付き合いだったとしても、籍を入れる前に赤ちゃんができたとなると当のカップルにしてみればやはり気まずいものです。

気になるのは、お互いの両親と会社の上司にいつ、どのように報告するのかです。
まずは両親に報告をしましょう。

千葉の無料の借金相談情報を見つけましょう。

妊娠発覚後すぐには、急激な体調の変化や、妊娠や今後の生活に対する不安等たくさんの要因で心も体も不安定な時期です。


もし「産む」という選択をした場合は、まず妊娠したということに慣れる時間(発覚から2週間~4週間)をつくるのが良いと思います。



何故慣れる時間が必要なのかというと、できちゃった結婚(ウェディング)には周りからの反対や非難があることも考えられるからです。

反対されても、非難されても、お腹の赤ちゃんをこの世に送り出し、育て上げるということは、決して簡単なことではありません。

しかし、女性にはその力が備わっています。

強い決心の元に、ご両親へ報告をすることをおすすめします。



また上司への報告をするタイミングはできるだけ早いほうがよいと思います。



自分の体調不良で社内やクライアントに迷惑をかけるかもしれない、産休は取れるだろうか等、考え始めると不安なことだらけになります。
特に妊娠初期は体調の変化が顕著で辛い事も多々あります。

立ち仕事の場合はデスクワーク部署への異動を検討してもらうことも必要かもしれません。



その理解を求めると共に、産休・育休の相談をする必要があります。

妊娠を理由に解雇することは法律で禁じられていますが、育児休業までしっかりと取れる女性は少ないのが現状なのです。

http://www.sanko.ac.jp/tokyo-bridal/
http://www.omiaink.com/
https://www.facebook.com/itn.wedding