• 家族葬の場合のマナー

    • 家族葬とは普通の葬送と違い、一般の弔問客や焼香、献花、弔電、香典などを辞退し、家族あるいは、近親者、ごくまれに近しい友人などのみでお葬式を行う事です。これを行う側は、家族葬であるため、辞退する事柄をあらかじめ案内状などにして分かり易くするのがマナーです。



      家族葬を知らない方もいらっしゃいますので、弔問に来てしまう場合もあります。その時に丁重にお断りし、案内をして差し上げるのが親切です。また、訃報を聞いて家族葬と知った側のマナーとしては、慌てて駆けつけたり香典を押し付けたりしないことです。

      nanapiならお任せください。

      故人の遺志である場合が多いのでそれを無視しての行為は失礼にあたります。

      訃報を知ったら落ち着いてご自分が弔問に伺っても良いかどうかの判断をしましょう。まずは、訃報をご遺族から直接聞いた場合は弔問に訪れてもよいと捉えましょう。
      また、訃報のご案内を頂いた時に式場の場所や時間などの詳細が記されている場合は弔問しても大丈夫です。


      それがない場合は辞退するものをきちんと把握して、無理に押しかけるのは止めましょう。弔問した場合も普通は御式の後に軽食などが供されることもありますが、この場合ない事が多いのでその際は喪主に一言声をかけ、速やかに帰宅するのがマナーです。



      遺族側は故人あるいは遺族の会社に連絡をするのも忘れないようにしましょう。故人あるいは親族が亡くなったため会社を休むこと、家族葬であるため、辞退する事柄を伝え想定外の弔問客が来ないように、お知らせする部署と公開しない部署があればそれも伝えておくのがマナーです。

      会社側はこのような葬送があることを想定して、マニュアルを制作しておくといざという時にあわてずに済みます。

  • マナーの特徴紹介

    • 家族葬の費用について

      最近では、都市部を中心として「家族葬」と呼ばれる小規模なスタイルの葬儀が主流になっていると言われています。この葬儀スタイルは、文字通り家族を始めとした親族や友人などの身内だけで葬儀を行うというものであり、アットホームな雰囲気で葬儀が行えるというメリットがあるほか、大規模に行われる一般葬よりも費用が安く抑えられるという特徴があります。...

  • 専門知識

    • 葬儀の主流とされる家族葬

      家族葬は、現在の経済状況や葬式仏教による葬儀への疑問、少子高齢化なども社会問題に対応した葬儀形態と言え、比較的歴史が浅い為に明確な定義が確立されていないのが現実です。その為、遺族数人だけで執り行う葬儀プランから数十人で執り行われる葬儀プランまで家族葬と呼ばれています。...

  • おすすめ情報・大事なマナーの事

    • 家族葬についての基礎知識

      近年、核家族化や少子高齢化の影響でニーズが増えつつある家族葬。この言葉から家族だけで小さな葬儀を行うというイメージが強いですが、実はそのような葬儀形式や宗教形態を規定するような明確な定義は存在しません。...

    • 家族葬の特徴とメリット・デメリット

      葬儀というと、多くの会葬者が集まって故人を偲ぶというイメージがありますが、最近では比較的小規模で行われる葬儀スタイルが増えています。そしてその代表とも言えるものに、「家族葬」と呼ばれるものがあります。...