結婚指輪のデザインについて

結婚指輪のデザインは、毎日身につけるため比較的シンプルなデザインが多いです。しかし、シンプルなデザインの中でもいくつか種類があり、それぞれの魅力があります。


一番シンプルで多いデザインとしては、プラチナのアームがストレートになっているものです。

名古屋の結婚指輪情報を網羅した総合サイトです。

年齢を重ねてもつけることができるうえ、服装も選ばないため一番需要が多いデザインです。



最近は、個性を出すためにストレートタイプのリングに2種類以上の素材を使用するものも売れています。

組み合わせとして多いのが、プラチナとイエローゴールド、プラチナとピンクゴールドの組み合わせです。

ストレートタイプ以外には、指が細くみえるアームがウェーブになっているS字タイプや指が長くみえるV字のタイプも結婚指輪では人気があります。

小さいダイヤモンドをアームの真ん中に埋め込んだタイプも女性を中心に人気があります。

男性の結婚指輪にはブラックダイヤモンドがアクセントとして用いられることが多いです。

男性の結婚指輪では、光物が苦手な人向けにマット加工を施したものやリングの幅を太くしたものなどが好まれやすいです。



婚約指輪を購入しなかったカップルに人気がある結婚指輪として、エタニティタイプとよばれるアームの周囲にダイヤモンドを並べたエタニティリングも安定した人気があります。


エタニティリングは、ソリティアタイプのようにダイヤモンドが衣類や家具などに引っかかることも少ないため、実用性面でも優れています。